当院の手術 腫瘍外科一覧

  当院の手術 腫瘍外科一覧
眼球摘出術(悪性黒色腫)

猫 ♂ 6歳5か月 5.3kg

眼球に黒いしこりがあり、腫瘍が疑われた。経過を見ていたが、少し大きくなってきたため

眼球摘出を行うことになった。

IMG_7395

 

右眼の外側に黒いしこりがあります。

 

 

 

 

 

IMG_7401

 

 

眼球摘出を行いました。

陥没を防ぐため、眼窩内に脂肪を注入しました。

 

 

 

 

病理検査は悪性黒色腫(眼球内メラノーマ)でした。

 

 

 

肝臓腫瘍摘出術

ヨークシャー・テリア 14歳 ♀ 1.8kg

陰部から膿が出て出血もしてるということで来院。検査の結果、軽度の貧血、子宮蓄膿症、肝臓腫瘍が

認められた。緊急手術により、肝臓腫瘍、子宮卵巣を摘出した。

術前レントゲン

 

 

術前のレントゲンです。

肝臓のあたりが不鮮明です。

 

 

 

術前エコー

 

 

肝臓のあたりを超音波検査しました。

腫瘍が認められます。

 

 

 

肝臓腫瘍

 

術中の様子です。

先に子宮卵巣を摘出しました。

写真では肝臓の大きな腫瘍が見えてます。

まわりとかなり癒着しており、ソノサージによって丁寧に剥離しながら摘出しました。

 

 

肝臓腫瘍 (2)

 

 

かなり大きかったので、摘出には時間がかかり、

大変でした。

腫瘍は「胆管腺腫」で良性腫瘍でした。

腹腔内腫瘍摘出術(血管肉腫2)

ゴールデンレトリーバー ♀ 13歳 35.8kg

腹水がたまっており、お腹に腫瘍があるとのことで来院。食欲もなかった。検査の結果、脾臓あたりに腫瘍があり、

貧血(Ht19.6)もあったため、脾臓腫瘍からの出血を疑い、緊急手術を行った。

レントゲン

 

 

術前のレントゲンです。

脂肪も多く、腫瘍の位置がよくわかりません。

 

 

 

エコー

 

 

エコー画像です。

脾臓あたりに大きな腫瘤を認めました。

 

 

 

脾臓腫瘍2

 

術中の様子です。

すでに腹腔内に1.5ℓもの出血がありました。

脾臓に大きな腫瘍ができていました。

今回は貧血もあり、少しの出血も許されない状態でした

が、超音波メスを使い、外科的侵襲による出血はほぼゼロ

で脾臓を短時間で切除することができました。

 

病理検査の結果「血管肉腫」でした。

腹腔内腫瘍切除、腸管吻合術(腸リンパ腫)

猫 ♀ 8歳3か月 7.5kg

食欲不振、嘔吐を主訴に来院。黄疸も出ており、内科治療を行なっていたが、改善しないのでCT検査をした所、

腸腫瘍が見つかり、切除することになった。CTでは腹腔内に腫瘍が転移していた。

切除前

 

 

手術中の様子です。

明らかに腸腫瘍が認められます。

 

 

 

吻合後

 

 

腫瘍、リンパを切除し、

正常な腸の部分どうしを吻合しました。

病理検査は「悪性リンパ腫」でした。

腫瘍切除術(毛芽腫)

ヨークシャーテリア ♂ 15歳11か月 3.45kg

右耳の下の腫瘍が大きくなってきたとのことで来院。切除希望のため、麻酔下でレーザーを使い切除した。

IMG_7728

 

手術中の様子です。

今回は腫瘍の付け根が細く、果実の房状に腫瘍が

できていたため、そのままレーザーで切除しました。

出血もほとんどなく、短時間で手術が終わりました。

 

 

 

病理検査では、良性の「毛芽腫」(基底細胞腫)でした。

お問合せは・・・06-6353-7753

同心動物医療センター
〒530-0035
大阪市北区同心2-15-4

診療時間
 
午前
午後
夜間
午前: 9:30~12:30
午後: 16:30~19:30
夜間: 19:30~23:00 (受付22時まで)

※夜間救急の場合は、事前に必ずお電話下さい。

獣医師勤務表 >> 夜間診療について >>


獣医師勤務表

リーガシェア(ベッセルシーリングシステム)

ソノサージ+乳化吸引システム

予防推進キャンペーン 実施中

たなぽんのパピー教室

半導体レーザーについて

当院の手術

ネコの避妊について

プライバシーポリシー >>