リーガシュア(ベッセルシーリングシステム)
リーガシュア(ベッセルシーリングシステム)とは

半導体レーザー、ソノサージを超える血管シーリングシステム。
7mmまでの血管、リンパ管、ハンドピースにはさみこめる組織束をシールすることが可能です。

シールできる血管の大きさ

当院では手術の種類、状況、患者の状態によって半導体レーザー、ソノサージ、リーガシュアを使い分けています。
この3種類があれば、どんな患者でも出血を最小限にすることが可能です。

拡大断面図

シールをした豚の腎動脈のH&E染色縦断面図

【犬の頸動脈の縦方向の断面図】

リーガシュアでシールした動脈

リーガシュアでシールした動脈

内腔が完全に融合・一体化し血流が遮断され
ています

標準的なバイポーラで凝固された動脈

標準的なバイポーラで凝固された動脈

内腔は開いており、下方側に血栓が見ら
れます。